FC2ブログ
rage(レイジ)という九州北部に生息するTCGプレイヤー的な何かがお届けする誰得ブログ。主に自分のデッキを上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【獣王爆進】オラクル考察

デッキレシピだけでは芸が無いので、カード考察でもやろうと思い立った次第です。

とりあえず、7弾情報は出揃ってるのでその中から《オラクルシンクタンク》のユニットについて考察していきます。
個人的見解を多分に含むので、ご容赦ください。



《エメラルドウィッチ ララ》 G1 PW:7000 RRR
自:[あなたの手札から1枚選び、捨てる]このユニットがRに登場した時、
あなたの《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいて、あなたのソウルに
カードがないなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

要するに「登場時、ソウルレスならば手札交換」。
このスキルを序盤から活かすには移動型FVを採用する必要がある。
ただし、《髑髏の魔女 ネヴァン》と同じく、ライドした際にはスキルを使えないという点がある。
《ロゼンジ・メイガス》または、後述する《バトルシスター えくれあ》をFVとするなら3枚ほど採用しておいても悪くはないだろう。
《リトルウィッチ ルル》(こちらも後述する)をFVにするならば、《スカーレットウィッチ ココ》にライドした際のドロー効果が発動しつつ発動条件を満たすので、さらに手札交換を行うという事が出来る。
登場時効果であるため《花占いの女神 サクヤ》、デッキトップを確認できる《バトルシスター ここあ》や《サークル・メイガス》等との相性も当然良い。

レアリティに目をつぶれば、相性の良いココ軸での活躍を期待できるだろう。


《スカイウィッチ ナナ》 G3 PW:10000 R
永【V】:あなたのターン中、あなたのソウルにカードがないなら、この
ユニットのパワー+3000。
永【R】:あなたのターン中、あなたのソウルにカードがないなら、この
ユニットのパワー+1000。

Vの時はソウルレスでココと同等、Rの時は11000になる。
自ターンのみではあるが、アタッカーとしてはそこそこ悪くはない。
ただ、ライドした場合にルルのスキルを問題なく使えるので事故回避程度だろうか。


《リトルウィッチ ルル》 G0 PW:5000 R
自【ソウル】:他のあなたのグレード3以上の《オラクルシンクタンク》が
Vに登場した時、このカードをRにコールしてよい。
自:[あなたのソウルから《オラクルシンクタンク》を2枚選び、ドロップ
ゾーンに置く]このユニットがソウルからRに登場した時、あなたの
《オラクルシンクタンク》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、1枚引く。

G3にライドした時、ソウルからRにコールできるという稀有なスキルを持つFV候補。
さらに、R登場時に《ラック・バード》と類似したスキルを使う事が出来る。
ソウルからドロップするのは《オラクルシンクタンク》のユニットでなければならない。
単クラン構築を推しているヴァンガードというゲームを如実に表していると言えなくもないか。
ともあれ、《スカーレットウィッチ ココ》にライドした時に併せて3枚ドローできるというコンボを披露することが出来る。


《バトルシスター ぐらっせ》 G2 PW:8000 R
自【V/R】:このユニットがアタックした時、あなたのソウルにカードが
ないなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

《バトルシスター もか》とほぼ同等のステータスを持つ新たなバトルシスター。
条件は手札4枚以上かソウルレスかの違いはあるが、自分のプレイングで選択すればいいだろう。

俺はどっちも積む覚悟はある(マテ


《バトルシスター えくれあ》 G0 PW:4000 C
自:他の《オラクルシンクタンク》がこのユニットにライドした時、このカード
をRにコールしてよい。
起【R】:[CB(1),このユニットをソウルに置く]あなたの山札の上から5枚
まで見て、グレード3以上の《オラクルシンクタンク》を1枚まで探し、相手に
見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

言わずと知れた《バミューダ△候補生 シズク》互換の新たなバトルシスター。
自分が組んでいた【ココ軸フェイズ2:バミューダ型】と似た序盤の動きを期待できるだけに、このユニットの登場はありがたい。
オラクルのG3をサーチできる+ソウル調整を行えるため、我が分身たる《ブルースケイル・ディアー》との親和性に期待がかかる。


《バトルシスター すふれ》、《オラクルガーディアン シーサー》、《ムーンサルト・スワロー》については割愛させていただきます。


総評として、「どうしてこうなった」。
特に、ララとぐらっせについて。
アモン系列やタギツヒメ、ベディヴィア、ケイの例があったので、高パワーが出ると思ったがこの始末。
ファイトパックVol.6に収録される《バトルシスター おむれっと》がケイのようなスキルなのが少しだけ救いなのかもしれない…。
スポンサーサイト
2012-06-26 : ヴァンガード : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフ的な何か

高崎零二

Author:高崎零二
HN:rage
生息地:九州北部
所持TCG:遊戯王、ヴァンガード、WS、バトスピ

ツイッター上で対戦相手を募集してたりします
SkypeIDはツイッターで聞いてください

艦これ楽しい(

アクセスカウンター

つぶやき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。