rage(レイジ)という九州北部に生息するTCGプレイヤー的な何かがお届けする誰得ブログ。主に自分のデッキを上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

アクアフォース【メイルストローム軸】

年の瀬もせまり、アニメのアジアサーキット編も大詰めを迎える今日この頃。
「蒼嵐艦隊」購入時にSPとRRRで4枚ジャストで集まってしまった自分流の《蒼嵐竜 メイルストローム》を軸にしたアクアフォースデッキを紹介します。


・G3
《蒼嵐竜 メイルストローム》 4
《波状螺旋の水将 ベネディクト》 2
《ストームライダー ディアマンテス》 2
《蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム》 1

・G2
《ティアーナイト ラザロス》 3
《ティアーナイト ヴァレリア》 4
《ストームライダー バシル》 2
《歴戦の戦術司令官》 1

・G1
《ティアーナイト テオ》 4
《ストームライダー ニコラス》 2
《戦場の歌姫 ドロテア》 2
《戦場の歌姫 ネフェリィ》 2
《翠玉の盾 パスカリス》 3
《珊瑚の王女 テティス》 1

・G0
《トライホール・ドラコキッド》 1

・トリガー
《スーパーソニック・セイラー》 4
《輝石通信のラッコ兵》 4
《高速遊撃のイルカ兵》 4
《虹色秘薬の医療士官》 4


アニメ本編で見られたレオンのプレイングを参考にFVをトライホールに。
初手によれば、先攻後攻どちらからでも3回攻撃が可能。
トリガー構成はグローリーピン投に伴い、スタンド偏重よりベーシック配分の方が適当と判断。


戦術についてはまあ、アクアフォースの基本に則ったものなので特に言及する事は無いだろう。

強いて挙げるならば、《ストームライダー ニコラス》の運用についてか。
ニコラスの後ろにG1ユニットを配置しておけば、ブースト込みで12k~15kのアタックを見込め、入れ替わったユニットをスタンドトリガーで起こし追撃するという可能性もある。
特にスキルを使う場面が無ければ、7kブーストとして運用すれば問題は無いか。

キプロスが「一撃突破のブースター」とするなら、ニコラスは「一撃離脱のブースター」だろうか。
というのが個人的な評価。


最近見えた点として、攻撃回数が3回以上でスキルが起動するドロテアを何かに変更しようか、という点。

登場時、SB2で1枚ドローの《発光信号のペンギン兵》。
「メイルストローム」をブーストした際にSB1で+6kの《デック・スイーパー》。

以上、2種のユニットを候補に挙げている。
おいおい、試していこう。



※《珊瑚の王女 テティス》についてのツッコミは受け付けておりません、
スポンサーサイト
2012-12-23 : ヴァンガード : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オラクルシンクタンク【ココ軸】その4

昨日は自分の誕生日でした。(関係無い)


・G3
《スカーレットウィッチ ココ》 4
《バトルシスター くっきー》 3

・G2
《バトルシスター たると》 4
《バトルシスター もか》 3
《サイレント・トム》 2
《ブルースケイル・ディアー》 2

・G1
《オラクルガーディアン ジェミニ》 3
《ダーク・キャット》 3
《エメラルドウィッチ ララ》 2
《バトルシスター くりーむ》 3
《バトルシスター しょこら》 4

・G0
《リトルウィッチ ルル》 1:FV

・トリガー
《オラクルガーディアン ニケ》 4
《サイキック・バード》 4
《バトルシスター じんじゃー》 4
《ロゼンジ・メイガス》 4


9弾「竜騎激突」で収録された《バトルシスター くっきー》と《バトルシスター くりーむ》、そして来年から施行される制限(トム2枚まで)に対応した形。

プレイングは今まで通りだが、くっきーとくりーむのラインを作れるとSB1で21k(R時)を叩きだせる爆発力が生まれる。
その代わり、くっきーとくりーむを揃える事自体が結構運次第なため確実性を欠く。
更に、ソウル増加のデメリットを負う事があるため、ディアーを追加。

意外とソウル調整が難しい点がやや辛いところだが、ココの再ライド等を駆使して盤面を整えていくのは変わらない。
LBを狙ってくっきーにライドする事も視野には入るが、そこは調整次第だろうか。

2012-12-16 : ヴァンガード : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2012/12/10 【ヴァンガ】ファイターズルール更新

何やら、ヴァンガードのファイターズルールに動きがあった様子。

先日行われたファイターズクライマックス決勝の結果を受けて、カード投入制限が盛り込まれるという。

【ロイヤルパラディン】
《騎士王 アルフレッド》
《マジェスティ・ロードブラスター》
《ういんがる・ぶれいぶ》

【かげろう】
《リザードソルジャー コンロー》
《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》

【オラクルシンクタンク】
《サイレント・トム》
《神鷹 一拍子》
《満月の女神 ツクヨミ》

以上に挙げたカードを合わせて2枚まで(FV含めて)しかデッキに投入できず、来年早々施行されるとの事。
(例:一拍子1、満月1→OK ジエンド2、コンロー1→NG)


大会環境を騎士王、マジェ、ジエンド、ツクヨミが席巻していたのが伺える制限設定である。

個人的にはトムがちょっと痛い程度ではあるが、2枚でも回せるからそんなに気にしてはいない。
むしろ、助けられた事の方が多かったので仕方ないかな、と。
しかし、ツクヨミに関しては完全にトムとの二択になってしまった。

ジエンドは当然。
これでやっと丁度いいと思う。
FVをコンローにするとペルソナを使えなくなる点は良い調整かもしれない。

騎士王とマジェは安定感がウリであるロイパラの中核を担っていただけあって大打撃だろう。
実質、どれか2枚を投入するしか選択肢が無くなった。
ばーくがるFV禁止に続いてロイパラは2度目の規制となる。


1度、ガチのマジェに滅ぼされた事があったからアレ。


ツイッターの方は阿鼻叫喚の様相。
フォローしてる人達がこぞって怨嗟の声を上げていた。

自分は遊戯王の規制等でこういう事は慣れているから何ともはや。
2012-12-11 : ヴァンガード : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

オラクルシンクタンク【ツクヨミアマテ】

・G3
《CEO アマテラス》 3
《満月の女神 ツクヨミ》 2
《バトルシスター すふれ》 2

・G2
《バトルシスター たると》 2
《戦巫女 タギツヒメ》 2
《半月の女神 ツクヨミ》 4
《サイレント・トム》 3

・G1
《オラクルガーディアン ジェミニ》 3
《三日月の女神 ツクヨミ》 4
《ダーク・キャット》 3
《バトルシスター しょこら》 3
《稲葉の白兎》 2

・G0
《神鷹 一拍子》 1:FV

・トリガー
《オラクルガーディアン ニケ》 4
《サイキック・バード》 4
《バトルシスター じんじゃー》 4
《バトルシスター ちゃい》 4


12月8日に発売となる最新ブースター「竜騎激突」に収録される《日輪の女神 アマテラス》を使うデッキのための下地として、半ば急ごしらえで組み上げた。
EB「神託の戦乙女」発売もあってツクヨミラインを揃えるだけで何とかなったものだ。

回してみて分かったのは、気付いたらデッキが一周している事。
1年以上経って「ああ、こういうものなんだな」と理解できた。

これは記憶ゲーだわ(
2012-12-04 : ヴァンガード : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【遊戯王】炎王の急襲 考察

このブログを始めて、初めての遊戯王記事となります。

12月8日発売のストラクチャーデッキ「炎王の急襲」についての私見を交えた考察をば。
(※先行体験会に参加してきました

デッキ内容を以下に。

・モンスター
《炎王神獣 ガルドニクス》《炎王獣 バロン》
《炎王獣 キリン》《ネフティスの鳳凰神》
《暗黒のマンティコア》《怨念の魂 業火》
《陽炎獣 ヒッポグリフォ》《ラヴァル・ランスロッド》
《フレムベル・ヘルドッグ》《フレムベル・パウン》
《ジュラック・グアイバ》《ジュラック・ヴェロー》
《ヴォルカニック・ロケット》《ヴォルカニック・カウンター》
《灼熱ゾンビ》《炎の精霊 イフリート》
《逆巻く炎の精霊》《きつね火》
《焔虎》《リトル・キメラ》
《UFOタートル》×2

・魔法
《炎王の急襲》《炎王炎環》
《真炎の爆発》《ブレイズ・キャノン》
《野生解放》《強欲で謙虚な壺》
《手札断殺》《強制転移》
《強者の苦痛》

・罠
《バックファイア》《フレムベルカウンター》
《鳳翼の爆風》《幻獣の角》
《鎖付き爆弾》《火霊術―「紅」》
《リグレット・リボーン》《連鎖破壊》
《拷問車輪》


ちょいちょい変なカードが散見されるのは仕様なので(

ガルドニクスや急襲の威力は事前情報でも十分伝わってると思うので、それ以外のカードに関してのコンボやシナジーについて解説しようと思います。


○《暗黒のマンティコア》
墓地に送られたターンのエンドフェイズに獣族、獣戦士族、鳥獣族のモンスター1体を手札またはフィールドから墓地に送ることで、墓地から特殊召喚できるモンスター。
手札でダブついた対象種族のモンスターを墓地に送れば無駄が無い。
コストとして《ネフティスの鳳凰神》等対象には困らず、《炎王の急襲》にも対応している獣戦士族なのが◎。

何気に準制限を経験した事のあるモンスターである。


○《鳳翼の爆風》
手札1枚をコストに相手フィールドのカード1枚をデッキトップへバウンスしてしまう、という強烈なフリーチェーンの罠。
「爆風ロケット」や「爆風ライザー」の通称で知られたタイプのデッキはこのカードがキーカードとなっている。
収録の中では《真炎の爆発》や《炎王炎環》の対象確保にと思われがちだが、別の方法も存在する。
《ヴォルカニック・ロケット》で《ブレイズ・キャノン》をサーチ・サルベージする事で手札コストを確保するというもの。
前述の「爆風ロケット」にあたるロジックで、一時期は流行ったそうな。

今回の体験会で、キャノンをそのまま設置している人を見かけて「違うんだよなぁ・・・」と心の中で呟いていたのは記憶に新しい。


○《リグレット・リボーン》
戦闘破壊されたモンスターを守備表示で蘇生。その後、自分のエンドフェイズで破壊されるという罠。
一見、ただの連続攻撃抑止の罠ではあるが、このデッキではそれ以上の性能となる。
低い攻撃力のために戦闘には滅法弱い《ネフティスの鳳凰神》の効果起動条件を満たす事や、ガルドニクスの効果補助にその真価を発揮する。
上記以外にも、効果破壊をトリガーにするモンスターとの相性も悪くない。

個人的にイチオシのカード。


○《鎖付き爆弾》
収録の中で《幻獣の角》と並んでダメージステップに発動できるカード。
こちらは装備に種族等の制限は無く扱い易い。
付随する効果は《ネフティスの鳳凰神》の効果とのシナジーが強力で、魔法・罠カードを掃除したあと残ったモンスターを破壊できるコンボができる。

ガルドニクスのモンスター破壊効果が強烈であるため、若干影が薄いだろうか。
状況に合わせて破壊するカードを選べるという点で差別化したい。


○《灼熱ゾンビ》
ゾンビなのに炎族。
墓地から特殊召喚されると、1枚ドローできる。
《炎王炎環》とのシナジーがあり、エクシーズ召喚等に繋げる事が出来るがストラクのみでは活かせる機会は少ないか。


○《炎の精霊 イフリート》
長いこと絶版であったモンスター。
似たような特殊召喚条件を持つモンスターの中では、攻めに関しての強さが光る。
アタッカー、リリース確保と役割は広い。
コストとして除外した炎属性モンスターは《ラヴァル・ランスロッド》の破壊時効果で回収したいところ。



今回の考察に関しては、長いこと《ネフティスの鳳凰神》を使ってきた過程で経験した事を基にしています。
私見多めなのはご了承ください。
2012-12-02 : 遊戯王 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2012/12/01 Gプロ公認+炎王先行体験会

はい、今回は充実した1日を送れたと思います!


まずは、遊戯王の新ストラク「炎王の急襲」先行体験会の感想から。
本来の発売日の1週間前に新ストラクに触れられるという事で参加してきました。

自分が遊戯王で経験してきた事を遺憾なく発揮できる内容で、個人的には満足です。
何と言っても《ネフティスの鳳凰神》が入っているのが大きい。
注目株の魔法カード《炎王の急襲》も、かなりの性能でパワーとしても十分。

デッキ内容やシナジーについては後ほどうpする予定です。


次に、ヴァンガ公認ショップ大会レポを。

ラッコ5回目を経て、月が変わってのショップ大会。
使うデッキは相変わらず。

形式:トーナメント(シングルエリミネーション)
使用デッキ:オラクル【ココ軸】

1回戦:オラクル【ココサクヤ】 ○
初手とマリガンでココ、ナナ、黒猫、G2を握れたという最高のスタート。
たるとにライドした返しのダメージでヒールしてしまい絶体絶命(ココを握っているにも関わらずダメージ1枚という状況)かと思われたが、ナナにライドする事で火力を維持。
その後、ココ再ライドから真実コールでプレスをかけ、ルルをジェミニに上書きした事で勝利に繋がった。


2回戦:むらくも【マンダラ軸】 ×
再ライド封じにZANBAKUにライドされるかと思ったが、そんな事は無かった(
前回と同じく真実を使いプレスを掛けていったが、一歩及ばず押し負けた。


そして、運命を分かつファイトパックvol.7の中身は・・・






《魔竜戦鬼 ヴァスキ》



遂に・・・、遂にラッコを脱出したぞ!!!!(迫真)


結果はそんなに奮わなかったが、ラッコから脱出できた事が、この日最高の出来事だ・・・。
長かった、長かったぞ・・・!

月が変わればツキも変わるんだなぁ、と身に染みて感じる。


というわけで、12月に入ったばかりなのに最高に楽しかった1日と相成りました。
2012-12-01 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフ的な何か

高崎零二

Author:高崎零二
HN:rage
生息地:九州北部
所持TCG:遊戯王、ヴァンガード、WS、バトスピ

ツイッター上で対戦相手を募集してたりします
SkypeIDはツイッターで聞いてください

艦これ楽しい(

アクセスカウンター

つぶやき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。